「HELO」いよいよアジアに上陸!!

気になる話・裏情報

「HELO」いよいよアジアに上陸!!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ワールドグローバルネットワークとは?

速報!アジア初上陸 最高のウェアラブルデバイス「Helo」とは?

ウェアラブルデバイスって何?

腕や頭部など、身体に装着して利用することが想定された端末(デバイス)のことを言います。

昨今、急速な普及を続けているスマートフォンやタブレットに代表されるスマートデバイスは、これまで主役の座に座り続けたPCからその座を奪おうとしています。このような背景の中、スマートデバイスの次のデバイスとして注目を集めているものが「ウェアラブルデバイス」です。

出典 http://www.kobelcosys.co.jp

実用化されているウェアラブルデバイスとは?

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc241120.html

◎ブレスレット型のデバイス
ブレスレットとして身に付けたり、衣服にデバイスが埋め込まれたりしており、身体の動きや体温、血圧、心拍数などの健康状態を記録できる。
◎メガネ型のデバイス
メガネに小型のディスプレイやカメラなどが取り付けられており、必要な情報を目の前に表示したり、目で見たままの光景を写真に撮ったりできる。
◎腕時計型のデバイス
腕時計にディスプレイが付いており、時刻以外に付加的な情報を表示できる。スマートフォンと連携して、スマートフォンでメールを受信した時に腕時計に通知を表示できる。

出典 http://www.kobelcosys.co.jp

ウェアラブルデバイスがあれば、
スマホなどのデバイスを持ち歩かなくても
ただ、身に付けているだけで、
手をつかわなくても 声だけで操作ができたり
データを収集できたりします。

これからの時代、より小型化や軽量化していき
自分で身に着けていることすら
忘れてしまうぐらいになっていくことでしょう。

そして、デバイスを持ち歩くことから
身に付けるようにどんどん 進化していくと
おもわれています。

いろんな可能性を持つウェアラブルデバイスが
今後もいろんな場面で活躍することでしょう。

東芝製アプリケーションプロセッサがWorld Media & Technology社のウェアラブル端末に採用

最先端ウェアラブルデバイス「Helo]の
心臓部は 実は 日本製なんです!

東芝のマイクロプロセッサーの半導体を
使っているんです。

ネバダ州のテクノロジーマーケットで
東芝が「Helo LX」を紹介しています。

東芝製アプリケーションプロセッサがWorld Media & Technology社のウェアラブル端末に採用

(東京)- (ビジネスワイヤ) -- 株式会社東芝ストレージ&デバイスソリューション社のIoT・ウェアラブル端末向けアプリケーションプロセッサ「ApP Lite™ TZ1000」が米国World Media & Technology社 (以下、Wor(l)d社)のスマートリストバンド「Helo」に採用されました。

今回採用されたTZ1000は、生体信号を低アクティブ電流で高精度に検出し、Bluetooth® low energy技術によりスマートフォンに信号を伝送してモニタリングできるアプリケーションプロセッサです。その機能を1パッケージで実現できる特長がWor(l)d社に評価され、採用されました。

Wor(l)d社のスマートリストバンド「Helo」は、手首から取得した生体信号を検出し、継続的に装着者の健康状態を管理・分析・表示するソリューションです。

当社のTZ1000は、「Helo」の小型化、省電力化、高精度な生体信号検出に貢献しています。

当社はTZ1000向けに、活動量計測、脈波計測、心電計測といったウェアラブル端末を効率良く利用できる各種ソフトウェアアルゴリズムも開発しており、トータルシステムソリューションとしてのラインアップ拡充を目指しています。

今後もIoT・ウェアラブル端末向けのアプリケーションプロセッサの開発を積極的に推進していきます。

出典 http://www.zaikei.co.jp

「Helo」がヘルスケアに大変革!

最先端のウェアラブルデバイス「Helo」の何がすごいの?

これまで いろんなメーカーが
ウェアラブルデバイスを製造発売してきました。

ではその従来型のウェアラブルデバイスと
「Helo」は何がちがうんでしょうか?

従来のものは
どちらかと言えば
歩行距離や 消費カロリーなどをチェックする
スポーツ系の目的のものばかりです。



ところが この「Helo」は
健康状態を常にチェックし
ヘルスケアに特化したものになっています。

「Helo」は [wor(l)d] という 
会社の製品です。

この表を見れば一目瞭然ですね!

◎血圧
◎心拍数
◎呼吸数
◎歩数
◎距離
◎消費カロリー
◎気分・情緒
◎睡眠の質
◎心電図
◎疲労状態

などなど・・・

常に健康状態をチェックしてくれます!

日本に初めて入ってくる「Helo LX」はさらに!!血糖値もわかる!!

最新の「Helo LX」には
さらに すごいものが測れるんです!

最近では 糖尿病やその予備軍は 4人に1人とも
言われています。
ですから 日ごろから血糖値の数値を
気にしている人もおおいんです。

それで 病院にいくのですが
血糖値をはかるだけで 20000円も
かかると言われています。

このウェアラブルデバイス「Helo LX」を
腕につけていると 自分の血糖値を
常にチェックすることができるんです。

血糖値が気になっている人には
これは 喉から手がでるほど
手に入れたいものではないでしょうか?

この他にも、こんな機能が・・・

このほかにも 
はめているだけで 蚊がこないという
蚊の撃退機能や さらには 
血中アルコール濃度や 血中酸素濃度
が測れるなど・・・

今までにはありえなかった機能が満載なんです。


また、ゲルマニウムと 磁力により
血行を促進し、デトックス効果や
筋肉・関節の痛みをやわらげ
安眠効果も 期待できるのです。


これも 日本が誇る 東芝の技術力といえるでしょう。

離れている家族のためにも 大活躍な機能とは?

自分の健康状態を常にチェックするだけでなく
この「Helo」は離れている家族のためにも
優れた機能があります。

緊急時にボタンを2回押すだけで
SOSサインと 居場所を知らせることが
できるんです。


これは、離れて暮らすご両親、 
また、お子様の安全にも
役立てることができます。

こんな機能の「Helo」はどれぐらいするの?

これまで述べたように
「Helo」を装着し続けるだけで
本当に 生活の質を改善し
安心した毎日を過ごすための
素晴らしいツールになることは
間違いありません。

人間にとって 健康で過ごすことは
永遠で 最大のテーマです。

とはいえ 1人に一つ装着するものが
高額なものでは 一般の人には
手が届かないものになります。

ところが・・・

これまでの他社製品と比べると
機能は 「Helo」の4分の1の
機能なのに金額は

$250~$500以上するんです。


では wor(l)d(ワールド)の「Helo」は
これだけの 今までにはできなかった
機能満載で・・・

たったの $320なんです。

本当に 誰でもがスマホを持つような感覚で
手にすることができてしまえるんです。

これが 最先端のウェアラブルデバイス
なんです。

チャンス!!まだ、知っている人は 少ない!

現在、販売されているウェアラブルデバイス

サムソン
フィットビット
マイクロソフト
アップル社
のものは スポーツに特化したもので
6項目ぐらいの機能で27000円~110000円ですが

ヒーローLXは
さらに 約4倍の機能があり
健康に特化したものなんです。
それが、約35000円で購入できます。
今後 みんな腕に装着していく人が
増えていくでしょう!

ところが、この商品は 店舗では
購入することができません。
MLMで販売しています。


これから、ますます広がる市場に
ウェアラブルデバイスというテクノロジーを
扱う会社は MLMにはひとつもありません。


購入者には、今後195か国に展開していく
ビッグビジネスのチャンスまで
ついているんです。

日本に入ってきたばかりで
まだ 知っている人が少ないんですよ。

この素晴らしい商品を一早く扱い,
ビジネスの可能性を感じた人は
この下のLINE@に登録して
メッセージくださいね。

登録LINE@ID: @xgf6807z

1

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ