速報!世界最小ミニロケット打ち上げは失敗!?

芸能界のニュース

速報!世界最小ミニロケット打ち上げは失敗!?
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

世界最小ミニロケット打ち上げ、成功か?失敗か?

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が

新たに開発したという 

世界最小クラスのミニロケットが

15日午前8時33分に

鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から

打ち上げられました。




JAXAが新たに開発したのは、

高さが9メートル50センチという

世界最小クラスのミニロケットです。



搭載した超小型衛星を、予定の軌道に投入し、

打ち上げが成功したかどうかは、

その後、判明する見込みでした。


ミニロケット打ち上げ失敗!!「SS―520」4号機

打ち上げられた超小型衛星は、

高さ35センチ、重さが3キロという

「超小型衛星」でしたが・・・



機体の状態を示すデータが途中で

得られなくなり、飛行は中断。

打ち上げは失敗に終わりました。


打ち上げ失敗の影響は・・・?

打ち上げ失敗の影響は

今回の打ち上げでは、コストを抑えた小さなロケットや衛星でも高い性能を発揮できるか確認が行われることになっていましたが、打ち上げの失敗で、超小型衛星に関する実験はできなくなったほか、ミニロケットの打ち上げに難しさがあることがわかりました。

手で持ち運べるサイズの「超小型衛星」をめぐっては、低価格でも高い機能を期待できることから、今後、新たな宇宙ビジネスの市場を広げると期待されています。

今回のミニロケットは、こうした「超小型衛星」を安い費用で打ち上げようと、JAXAが開発したもので、ロケットの部品には家電製品などと同じ民生品が多く使われています。

打ち上げにかかる費用は、およそ4億円と、JAXAのほかの人工衛星の打ち上げに比べて、数十分の1に抑えられ、今回の打ち上げ実験では、コストを抑えた小さなロケットや衛星でも高い性能を発揮できるか確認が行われることになっていました。

しかし、打ち上げの失敗で、超小型衛星に関する実験はできなくなったほか、ミニロケットの打ち上げに難しさがあることがわかりました。

一方、今回のミニロケットは日本がこの10年余り、31回連続で打ち上げに成功してきた大型ロケット「H2A」と「H2B」とは、打ち上げの態勢や技術が異なることから、今回の失敗によって、直ちに日本の主力ロケットの信頼性に影響が出ることはないと見られます。

ただ、超小型衛星などを活用した宇宙ビジネスの拡大は、今の日本の宇宙政策の柱となっているだけに、日本としては、できるだけ速やかに今回のミニロケットの失敗の原因を究明し、克服することが重要になります。

出典 http://www3.nhk.or.jp

ロケットの比較

http://news.macamiya.com/company/picosatellites-momentum-use-jaxa/

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ